暇人の極み

ドーモ、カズマ デス イゴ オミシリオキヲ

ゼルダの伝説が31周年ということで

オッスカズマです

明日2月21日初代「ゼルダの伝説ファミコンディスクシステムで発売されてから

なんとなんと31周年ということで

俺のゼルダ人生(と言ってもそれほど多く遊んでいない)を振り返ろうと思い、綴ります

f:id:mariozuki_haikankou:20170220134611j:plain f:id:mariozuki_haikankou:20170220134619p:plain

伝説はここから始まったのですね

【警告】ここから先「ゼルダの伝説を幾らかプレイしたことがある方が閲覧している」を前提にしているためネタバレを含みますご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてプレイしたゼルダの伝説ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(2007/6/23発売)

f:id:mariozuki_haikankou:20170220134919j:plain

当時ニンテンドーDSは入手困難で持っていなかった俺は数年後のDSliteの時に夢幻の砂時計に触れた

物語は「トゥーンリンク(以下リンク)とともに船旅をしていた海賊船の長の少女”テトラ”が幽霊船に連れ去られる、助けようと船に飛び乗ろうとしたリンクは海に落ちてしまい、知らない島に流れ着く、そしてそこで出会った船長ラインバックと共にテトラを再び助けに行く」というところから始まる

船の航路を描き海を渡るというDSならではの斬新な操作に衝撃

猫目で三頭身のリンクも可愛く

そしてゼル伝特有のアイテムを駆使した謎解き

多彩なデザインのボス

これら全てに引き込まれました

夢幻の砂時計の思い出は船の改造

色んなデザインの船のパーツを買ったり素材を集めて作ったりで海を駆け巡った思い出

男子なら皆全体金色の船にしたよね?…ね??

 

次にプレイしたのは確かゼルダの伝説 時のオカリナ(1998/11/21発売)

f:id:mariozuki_haikankou:20170220135031j:plain

これは64版ではなくWiiバーチャルコンソールでプレイした

夢幻の砂時計の時とは違い主人公リンクは少年で寝起きを起こされるところからストーリーが始まる

ストーリーを進めていく中で少年リンクは様々な種族の者と出会いボスを倒し成長していく、そして伝説の剣マスターソードを手にした途端、タイムスリップが起きて主人公の少年リンクは7年後の姿の青年リンクへと成長する

そんな色んな面白さの詰まった時のオカリナで更に沼につかることになった

俺の時のオカリナの思い出は「水の神殿」

誰もが行き詰まったであろうこの神殿はクリアできなくて親にやってもらった覚えがある

水の神殿は他の神殿の謎解きと違い、部屋の中だけで謎解きをするのではなく神殿全体で謎を解くのである

何度も神殿内を行き来し水位を上げては下げ下げては上げを繰り返しボスの部屋へ到達してもらうのに大分時間がかかった思い出

ていうか青年リンクの声って檜山さんだったんですねw今調べて初めて知りました

 

次にプレイしたのはゼルダの伝説 ムジュラの仮面(2000/4/27発売)

f:id:mariozuki_haikankou:20170220135439j:plain

時のオカリナのその後の話ではあるがパラレル世界の物語となっている

物語は「ガノンを倒し終えたリンクはある時スタルキッドに襲われ、追いかけた先で呪いにかけられてしまいデクナッツの姿に変えられてしまう」ところから始まる(その後あることで元に戻る)

リンクの迷い込んだ世界では3日後に月が衝突し世界は破滅してしまうというシンプルかつ残酷な事実がプレイヤーに突き付けられる

タイトルの通りリンクは仮面をつけることによってデクナッツ、ゴロン、ゾーラの三つの種族の仮面で変身したりほかのお面で謎を解いたり街の事件を解決したりする

3日間でリンクは世界を救えるのかはプレイヤー次第である、といったところも面白かった

ムジュラの仮面の思い出と言えば

これも皆あるあるだと思うが変身時のカットに恐怖

あとはゴロンリンクの転がり移動の操作が難しい!!

スノーヘッドのあの細い坂道何度落ちた事かww

前作の時オカの続きということもあって見たことのある種族に聞いたことのあるような名前のキャラクターには思わずにやけたw

 

次は…確かゼルダの伝説 大地の汽笛(2009/12/23発売)

f:id:mariozuki_haikankou:20170220135518j:plain

風のタクトとどっちが先かあやふやだけどとりあえずこっちが先ということで

物語は「鉄道網が発展したハイラル王国ではある時、線路が消えるという出来事が起き、原因の究明に神の塔へ向かう、しかし途中で大臣キマロキが往く手を阻む

実は魔物であった彼の攻撃によってゼルダは魂と体から分離し体が連れてかれてしまう」というところから始まる

前作の夢幻の砂時計に似て今作も進路を自分で決めるという特徴や、タイトルの通りリンクは機関士(見習い)なので列車を運転しながら街を巡るという操作方法が面白かった

路線上には敵車両もいるので進路を考えながら進むという難しさやDSのマイク機能を使った笛の演奏など前作より要素が多めになっていて楽しかった

あとは何といっても霊体のゼルダ姫を操ってファントムを乗っ取りダンジョンを進めていくところが魅力であり特徴

大地の汽笛の思い出は

前作と変わらず列車の改造したよね?全体金色にしたよね???

あとひたすら通信対戦で遊んだ記憶がある

友人を蹴落とすのは楽しかった

 

続いてはゼルダの伝説 風のタクト(2002/12/13発売)

f:id:mariozuki_haikankou:20170220135647j:plain

中古で見つけたGCの風タクをWiiでプレイ

物語は「ある時ふとしたきっかけで海賊の長の女の子テトラと出会う”耳の長い娘”を狙う大開町ジークロックに狙われていた彼女

その後再び襲ってきたジークロック、しかし勘違いで妹のアリルが連れ去られてしまう」というところから始まる

今作は夢幻の砂時計と違い航路を描くのではなく自分で船を操作して島を巡る

絵本のようなタッチのデザインの幻想的な島や神殿にキャラクターが魅力的

タイトルの通りタクトを振ることによって音楽を奏で神殿を解いたり物語を進めたり

一周目クリア後にもやりこみ要素が盛りだくさん

風のタクトの思い出は

二周目のフィギュア埋め作業がまだ終わってなかったり、宝の地図を制覇してなかったりでやりこみ要素がありすぎて手を止めてる

モルドゲイラ戦のBGMは耳から離れないのはあるあるかな?

 

最後にゼルダの伝説 4つの剣 25周年エディション」(2011/9/28~2012/2/20期間限定配信)

f:id:mariozuki_haikankou:20170220135814j:plainf:id:mariozuki_haikankou:20170220135819j:plain

DSiWareで配信されたものだが3DSでも出来るので3DSで遊んでいた

物語は「かつてハイラルに魔人グフーが現れ、各地の娘をさらっていったが一人の少年によって封印され、その時の剣”フォーソード”は神殿に祀られた

そこから時が過ぎたある時ゼルダは神殿の異変に気付きリンクと共に向かう

すると復活したグフーによってゼルダは攫われてしまう

打倒グフーのためにリンクはフォーソードを抜く、その時フォーソードの力でリンクが四人に分身する」というところから始まる

25周年エディションの最大の魅力は何といっても最大四人での通信協力プレイ

味方と協力し謎を解き敵を倒し仕掛けを解いて進んでいく

また25周年記念ということで過去作「神々のトライフォース」「夢をみる島」「ゼルダの伝説」風のドット画面だったりステージが用意されているのが特徴

4つの剣25周年エディションの思い出は

やはり身内4人での協力プレイ

友達を協力するもよし邪魔したり蹴落とすもよし

アイテムなんかも奪い合いで2種類2個ずつしか用意されてないと役割分担で揉めたのも良い思い出

 

まだまだ他のゼル伝もやりたいのですがなかなか金がかかるのが辛いところ

次は「トワイライトプリンセス」をプレイしようと思っています

でも神々のトライフォースとか夢を見る島とかふしぎの木の実(大地/時空)とかふしぎなぼうしとかもやりたいし

トワプリ終わったらスカイウォードソードもやりたいし

そして最新作のブレスオブワイルドもやりたい!!!!!!!!!

f:id:mariozuki_haikankou:20170220135912p:plain

てかSwitch欲しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

とまぁこんな感じのゼルダ人生を歩んできました

これからもゼルダの伝説と共に人生を歩んでいきたいと思います

ではでは!